<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

今回は「セファランチン」です。前回同様、この名前を初めて聞きました。

またまた Wikipediaで調べてみると・・・・・

*************** (抜粋)
セファランチン (cepharanthine) は、ツヅラフジ科の植物タマサキツヅラフジから
抽出したアルカロイドないし、それを含む医薬品である。アルカロイドとしては、
化学式 C37H38N2O6、分子量 606.7、CAS登録番号 481-49-2。製剤は白血球減少、
脱毛等に用いられる。

タマサキ(玉咲)ツヅラフジは中国・台湾に自生する植物で、民間薬として用いられ
ていた。

これを台北帝国大学の早田文蔵が Stephania cepharantha Hayata の学名で1914年に
発表、1934年に東京帝国大学の近藤平三郎が有効成分を抽出し、学名にちなみ命名された。

現在では次のような症状に効果があるとされている。

放射線による白血球減少症、円形脱毛症・粃糠性脱毛症、滲出性中耳炎、マムシ咬傷
***************

また、いろいろ調べてみるとどうやら、セファランチンは円形脱毛症に効果がある
ようです。

セファランチンの効能として、抗アレルギー作用や、血流の促進・免疫改善作用が
あるからです。

抗アレルギー作用により、脱毛の要因を排除し、血流の促進により発毛を促すようです。

セファランチンを含んだ育毛剤として、毛神力というのが検索に引っ掛かりましたが、
名前だけは・・・・かろうじて知っているといったくらいのものです。

日本皮膚科学会のガイドラインとしては、円形脱毛症の改善という観点からランキングに
入れたのではないでしょうか・・・。

いずれにしても男性系の脱毛症には如何なものか?・・・・といった感じです。

これに関してはあまり興味を感じませんので、これ以上の追求は止めました。

やはり男性系の脱毛症効果があるのは、「ロゲイン5%」ってことでしょうか!



===================================================================
私が尊敬している学者先生は、AGA(男性型脱毛症)に最も効果的なのは、
ミノキシジル】だと結論付けています。

トップページには発毛・育毛関するコンテンツが200以上用意してあります。
そのコンテンツのメニューの一覧はこちら!!


スポンサーサイト
今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

今回は「ケトコナゾール」です。ようやく残り2つの説明となりました。

では、「ケトコナゾール」の説明ですが、実は私はこの名前を初めて聞きました。

全くの初耳でしたので、wikipediaで調べてみると・・・・・


 ******
ケトコナゾール(英: ketoconazole)とはエイズ患者のような免疫抑制状態の
患者の真菌症の治療に使用される合成抗真菌薬。
ケトコナゾールはJanssen PharmaceuticaよりNizoral(ニゾーラル)の商品名で
ふけ取りシャンプーとして市販されている。
 ******


簡単にいうと「防カビ剤」みたいなものでしょうか・・・。

Wikipediaに「ニゾーラル」という商品名が出てきたので、更に調べてみると・・・・・・

 ********
フケ対策用シャンプーです。ケトコナゾールを1%含んでいます。
ふけ症および頭皮の脂漏性皮膚炎対策にどうぞ。
ニゾーラルシャンプーは、世界で最もよく使われている真菌防止シャンプーのひとつです。
頭皮および毛包における、カビや胞子など真菌による炎症を抑えフケを
防止することができます。
真菌を抑えることにより、損なわれた毛髪の成長環境を取り戻すのに役立ちます。
 ********


つまり、「ケトコナゾール」という成分を含有した「ニゾーラル」というシャンプーは、
頭部の菌の繁殖を抑え、頭皮を清潔に保ち、炎症やふけを予防することによって、
毛髪の成長サイクルを整えるといったもののようです。

更に調べていくと、この「ケトコナゾール」を含有した別のシャンプーも見つかりました。

ニナゾルシャンプー」というシャンプーで、こちらの方が、より安く手に入ります。
(おそらくジェネリックではないかと思います)

しかも、その商品説明を見てみると、どうやら、ケトコナゾールには、薄毛の最大の天敵、
「5αリダクターゼ」の生成を抑制する効果があるそうです。

プロペシアと一緒です。
これは凄い!!!!


調べ始めは、マイナーな育毛剤だと思っていましたが、どうやら世界的に有名な
「育毛シャンプー」のようです。

あのCMでおなじみのAGAの公式HPにもお勧め的なコメントで記載がありました。


・・・・・もう少し研究してみて、よければ、シャンプーを「ニナゾルシャンプー」に変えてみようかな・・・・・と少し思い始めています。


日本皮膚科学会Aランクの育毛剤は、「ロゲイン」です。

======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

今回は、「ペンタデカン」です。
前回で「サイトプリン」の報告を致しましたが、内容は合っているのですが、
日本皮膚科学会の意図するところとはそれてしまいました。

サイトプリンは「ライオン」が販売している「INNOVATE」の主成分です。
つまり、日本皮膚科学会は、「INNOVATE」を「C1」とランク付け
したと考えられます。


以下は、ライオンのHPより抜粋。
「INNOVATE」は、“発毛促進指令”にライオンが初めて着目し、
開発された育毛剤。“発毛促進指令”として働くBMP(ビーエムピー)
とephrin(エフリン)という2つのタンパク質を発見。
それらを増幅させるサイトプリン(6-ベンジルアミノプリン)を有効成分
として配合しました。つまり、“発毛促進指令”に働きかける新しい発
毛促進理論をもとにした育毛剤として誕生したのです。


今日の本題の「ペエンタデカン」に関しては次のように書いてあります。
発毛エネルギー供給成分「ペンタデカン(ペンタデカン酸グリセリド)」
が、毛根細胞内の髪の元となる「タンパク質(ケラチン)」の合成に
必要なエネルギーを供給し、強く抜けにくい髪に育てます。

難しいことをいろいろ書いてありますが、所詮はランク「C1」です。


やっぱり、効果の高い育毛剤は「ロゲイン」ってことでしょうか!!

======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

今回は、「サイトプリン」です。

今までの塩化カプロニウムやアデノシン等の「C1群」はほとんどが有名
メーカーの育毛剤の主成分でした。

しかし、この「サイトプリン」という成分は初めて聞きました。

いろいろ調べてみるとどうやらHair Club ANFORE というところが発売し
ている「CTP‐EX」の発毛成分のようです
(きちんと確認ができませんでした)。

別の呼び方で「サイトプライン」とも呼ぶそうです。


・・・下記は某HPからの引用・・・
サイトプラインの発毛効果として

某皮膚科学研究所、某大学医学部皮膚科教授、三省製薬㈱の共同研究グルー
プは「CTP」は動物実験で育毛効果があるとされているペンタデカ酸グリ
セリドや、米国で開発されたミノキシジルに勝る発毛効果を有し、臨床試験
においてもCTP配合育毛剤と一般的な育毛剤の効果を男性において比較し
たところ、CTP配合使用の44名中20名に育毛効果が認められた(有効
率46%)のに対し、一般的な育毛剤使用42名では有効と認められたのが
3名(有効率7%)でした。
しかも安全性も高く、副作用もみられないと、その効果を高く評価しています。     


ロゲイン(ミノキシジル)よりも勝る育毛効果があると堂々と記載しています。

しかし、ロゲインはその有効率は97%です。
このサイトプラインの46%をはるかに凌ぎます。


正直、よくわからない育毛剤です。

ただし、ロゲインより育毛効果があると言い張っているのが少し気になりますが・・・。


やっぱり、最強の育毛剤は、「ロゲイン」ってことでしょうか!!

======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

もう少し、このガイドラインブログにお付き合いください。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

前回は、t-フラバノンの話をしましたが、今日は次の「アデノシン」です。

この「アデノシン」は、資生堂の「アデノゲン」の主要有効成分です。

「生体内薬用成分」だと言っていますが、一体なんのことやらといった感じです。

調べてみると、この「アデノシン」という物質は、体の中にもある物質らしいのですが、
これを頭皮につけると、頭皮の中で毛乳頭細胞に作用して、毛髪の成長に不可欠な
発毛因子(FGF‐7)を作り出すそうです。

なんか凄いですね・・・・。

聞く限りでは、凄く生えそうです。


・・・・・でも、C1です。

なぜなんでしょう・・・・。

日本皮膚科学会のランクづけには、少し謎があります。


・・・・でも・・・すると、やはりランクAの「ロゲイン」はすごいんですね。

やっぱり、最強の育毛剤は、ロゲイン」 ってことでしょうか!!


ロゲイン 最安値は、こちら!!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

前回は、C1の塩化カプロニウムの話をしましたが、今回は、
「t-フラバノン」の話をしていきます。

この「t-フラバノン」は、御存じの「花王」の「サクセス」の主要有効成分です。

と言っても、通常のサクセスには配合されてはいません。
サクセスのバイタルチャージにのみ配合されています。

このt‐フラバノンの育毛効果は「毛母細胞の増殖促進」「成長促進」「接着促進」が
確認されています。

そして、そのそれぞれの効果は花王独自の臨床実験にて実証されています。

例えば、毛母細胞の増殖促進実験では・・・・、
「毛母細胞+毛乳頭細胞を用意し、一方には<t-フラバノン>を添加し、もう一方は
無添加で、72時間後の毛母細胞の増殖を比較」。

その結果、<t-フラバノン>の毛母細胞増殖促進効果が確認されたそうです。

これと同じような実験で、その他の効果も実証確認をしています。

根拠があり、臨床実験で実証しているので「ランクB」以上でいいかと思うのですが、
今回の日本皮膚科学会の発表では、ランクは「C1」です。

万人に効果があるところまでは確認がとれないのか、効果の程度が小さいのかもしれません。

その中で、ロゲインは「ランクA」。やはり凄いのでしょう。
だから、私も日本皮膚科学会同様、ロゲイン」がお勧めです。


ロゲイン 最安値は、こちら!!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。

 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

前回は、自毛植毛の疑問話をしましたが、今回は「ランクC」群の解説をし
ていきます。

この「C」群のほとんどは、薬局やドラッグストアで販売している市販の育
毛剤です。
CMとかでやっているので、名前を聞けば「あ~~!!!」と思われるもの
ばかりです。

今日のブログは「ランクC1」の1つ目の「塩化カプロニウム」です。
これは、第一三共ヘルスケアが販売している「カロヤン」シリーズの主成分
になります。

頭皮・毛根の血管を拡張し、血流を増加させ、発毛を促進する効果があります。

血流量が増えることで、毛根部に酸素と栄養分が送り込まれ、育毛・発毛効
果が高まります。

医薬品のカロヤンシリーズには、1%濃度のカルプロニウム塩化物が配合さ
れていますが、NFカロヤンガッシュは、配合濃度を2%に倍増し、血管拡
張効果と血流増加作用を強化しています。

「C群」全般的に言えるのですが、その主成分は、血流をよくするものがほ
とんどです。

ランクAの「ロゲイン」も血圧降下剤の薬として開発された薬で、血管
を拡張し血流を良くするというものです。

ただ、「ランクA」のロゲインと「ランクC1」の諸々の育毛剤では、その
発毛効果には格段の差があります。

だから、私も日本皮膚科学会同様、「ロゲイン」がお勧めです。


===================================================================
私が尊敬している学者先生は、AGA(男性型脱毛症)に最も効果的なのは、
ミノキシジル】だと結論付けています。

トップページには発毛・育毛関するコンテンツが200以上用意してあります。
そのコンテンツのメニューの一覧はこちら!!


またまた、引き続き、日本皮膚科学会に関してのブログです。

日本皮膚科学会のランクを纏めると下のようになります。

A  =「強く勧められる」
B  =「勧められる」
C1 =「考慮してもよいが、十分な根拠がない」
C2 =「根拠がないので勧められない」
D  =「行わないよう勧められる」

少し分かりづらいので、簡単にいいかえると、

A  = 必ず生える!
B  = 生える
C1 = 生えるかもしれない
C2 = わからない
D  = やめなさい!

こんな感じです。
・・・・・・・・・。
うん・・わかりやすい   ・・が。


育毛剤、育毛治療がこの「5段階」で区分されています。

 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

前回は、フィナステリドとミノキシジルのお話をしました。

さてさて、今日は、問題の自毛植毛です。
なぜ、自毛植毛が、2つの育毛剤と比較してランクが下なのかが、
よくわかりません。

昨日のおさらいをしますと、フィナステリドはプロペシアで、
ミノキシジルはロゲインです。

この2つの育毛剤は、医学的根拠に基づき、育毛効果があると
されている育毛剤です。
事実、病院にいって、「ハゲなので・・・・」というと、これらの
薬を処方されます。医者、お墨付きのお薬です。

しかし、「育毛」を「植物の栽培」に例えるなら、育毛剤、つまり
プロペシアやミノキシジルは「肥料」であり、「殺虫剤」なのです。

そこに元気な、苗があるならば、その「肥料」や「殺虫剤」で、
スクスク育ちます。
でも、元気な苗がなかったら・・・。


しかし、自毛植毛は、違うのです。
自毛植毛は、「別の畑から、苗を抜いてきて、別の畑に植える」のです。

しかも、その「苗」は、虫に強く、栄養の吸収がとても良い品種なのです。
(後頭部の毛のこと)

私は、よくネットで育毛関連のサイトをみますが、自毛植毛の失敗例を
見たことがありません。
根拠のない中傷にみたいな記事は見たことありますが、それは、
「自毛植毛が何たるか」がわかっていない記事ばかりです。

自毛植毛は、最も効果のある「ハゲ治療」だと思っています。
というわけで・・・・と長々、書いてきましたが、自毛植毛が「Bランク」である理由が
わからないのです。だれか分かりましたら、教えてください。

私の中では、トリプルAランク、自毛植毛

でも、まだ軽い薄毛程度なら、日本皮膚科学会同様「ロゲイン」がお勧めです。

もちろん、自毛植毛後のハゲ進行抑制にも「ロゲイン」は欠かせません。


ロゲイン」、最安値は、こちら!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。






引き続き、日本皮膚科学会に関してのブログです。

自毛植毛の体験記を楽しみしている方・・・すみません。(もしいたらですが・・)

繰り返しの掲載になりますが、日本皮膚科学会のランクを纏めると下のようになります。

 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

まず、ランクAの1つ目は、「フィナステリド」です。
これは、「プロペシア」や「フィンペシア」に含まれています。
いわゆる経口剤といわれる飲む薬です。

今、盛んに、CMで爆笑問題がAGAのCMをしていますが、そのAGAの病院へ行くと、
大抵、この「プロペシア」が処方されます。

もうひとつのランクAは「ミノキシジル」です。この成分が入った育毛剤として一番有名
なのが「リアップ」です。

この「リアップシリーズ」では、一昨年「リアップ5X」という商品を発売しました。
この「リアップ5X」は「ミノキシジル」を5%含有しています。

一般的に「ミノキシジル」は、その含有率が高ければ高いほど、育毛効果があると
言われています。

ですので、「リアップ5X」は、日本皮膚科学会お墨付きの育毛剤だと言えます。

しかも国内メーカーなので安心です。

ただ・・・・・、「リアップ5X」は値段が高いのです。

長く・・・・下手すると一生、使うのですから、育毛剤は、安いに越したことがありません。


「リアップ5X」と同等の効果があるのが、「ロゲイン」です。

これも、「ミノキシジル」が5%配合されていて、「リアップ5X」と同等の効果が期待されます。

しかも、値段はリアップより圧倒的に安くて、通常のネットショップでも、3割~4割は
安く手に入ります。

いいところを見つければ、半値以下で買うことができます。
私は、オオサカ堂いうところで、購入しています。
ここは安い!

とはいって、「ロゲイン」をつけてもなかなか効果の出ない人もいます。

そんな人には「ミノキシジル」が「ロゲイン」の3倍以上の商品があります。

商品名は、「ポラリスNR-10

この「ポラリスNR-10」には、なんと育毛の有効成分「ミノキシジル」を16%も含有しています。

「リアップ5X」や「ロゲイン」の3倍以上。

これは凄い!


=====================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。







★日本皮膚科学会が育毛成分や育毛方法のガイドラインを作成★


昨日に引き続いて、自毛植毛の体験記はお休みして、日本皮膚科学会のガイドラインに
関してのブログです。

「日本皮膚科学会が育毛成分など対症法5段階評価を発表」の記事を見て、「やったね!」と
思う反面、「今さら何を・・・・・!」との心境が交錯いしています。

ともあれ、苦情が多い、育毛剤や育毛サロンでのトラブルが減ればとてもいいことです。

今回のガイドラインは以下の5段階に分類されています。
 A = 行うよう強く勧められる
 B = 行うよう勧められる
 C1= 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
 C2= 根拠がないので勧められない
 D = 行わないよう勧められる

これを具体的な育毛剤や育毛治療にあてはめてみると次のようになります。

 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     

   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        

(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

これらは、坪井良治(東京医大教授)らが中心となり、国内外の論文を基に効果を検証した
ものだそうです。

「フィナステリド」と「ミノキシジル」が「行うよう強く勧められる(Aランク)」判定。

フィナステリドを主成分としている薬は「プロペシア」「フィンペシア」
ミノキシジルを主成分としている薬は「ロゲイン」「リアップ」です。

私は、両方愛用しています。

また、後頭部の頭髪を脱毛部に移植する「自毛植毛」は「行うよう勧められる(Bランク)」、
人工の毛を植える「人工毛植毛」は炎症などの有害な事例があるとして、
「行わないよう勧められる(Dランク)」の判定。

なかなか、うなずけるガイドラインです。
よくできているような気もします。
ただし、自毛植毛がミノキシジルの外用より劣ることには、少し疑問を感じています。

ミノキシジルは確かに今の育毛剤の中では、飛びぬけて効果があると思います。
しかし、使用した人全てに効果がある訳ではありません。

自毛植毛は施術した人全てに効果があるのです。

このガイドラインは「生える」といった基準以外に、価格だとか副作用とかその他の基準も加味
されているような気がします。

引き続き、ウオッチしようと思います。



日本皮膚科学会Aランク、ロゲイン
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





今日は、自毛植毛のレポートはお休みして、「育毛剤のガイドライン」に関して一言。

今日、ニュースを見ていて、びっくりしました。
育毛剤や植毛など、薄毛の治療法に初のガイドラインが発表されるとのことです。
まだ、一般の方への発表ではないそうなのですが、今月下旬にも、正式にお披露目が
あるそうです。

まだ、はっきりしたことは書けませんが、市販されている育毛剤や育毛治療をその効果
ごとに5段階にランク分けているようです。

ですから、市販されている育毛剤、経口薬、そして植毛などをガイドラインに沿ってラ
ンキングされています。

日本で脱毛や薄毛で悩んでいる人は、およそ1,300万人だそうです。
国民生活センターで調べたところによると、育毛剤などのトラブルの相談件数は、
この10年でおよそ2倍になっていてそうです。

そんなことを背景にしてか、日本初のガイドラインが制定されました。

ただ、「効果だけを基準にしているのか?」副「作用とかを考慮しているのか?」、また、
「リーブ21とかの胡散臭い育毛業者のランキングがあるのか?」などなど気になることは
盛りだくさんですが、まだ私の情報が不足していて分かっていません。
(私の勉強不足かもしれませんが・・・・)
分かり次第、ブログにUPします。

ちなみに私が愛用している「ロゲイン」は、「強く勧められる」Aランクに分類されるようです。

やはり!!といった感じです。



日本皮膚科学会Aランク、ロゲイン
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。