<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。

ミノキシジルタブレット と ソーパルメットの服用を継続、状況を報告中です!!!!!


ついにフィンペシアに変えて、ソーパルメットに変更しました。

ついでに、ミノキシジルの残りも少なくなってきましたので、追加で注文をしました。

昨今、円高なので、かなり安いです。

選挙で自民党が圧勝したため、少し円安になっていますが、今が、輸入品を買いだめするチャンスかもしれません。

今回、オオサカ堂で購入した「ミノキシジルタブレット」はこれ。

ミノキシジルタブレット購入 拡大 ミノキシジルタブレット 購入3つ


ミノキシジルタブレットには、シートタイプと薬ビンタイプがあります。シートタイプの方は、衛生的で保存管理に適しています。但し、複数個取り出す際には面倒です。

逆に薬ビンタイプは、薬が直接外気に触れているので、衛生面では若干難がありますが、いっぺんに数個取り出す際には便利です。

私は、服用を忘れないように、ソーパルメットやその他のサプリを1週間分まとめて、ピルケースにセットします。

その為、一度に7個取り出す必要がありますので、薬ビンタイプの方が都合がいいのですが、今回は敢えて、シートタイプを購入してみました。

いろいろ試してみるのが重要ですようね!!

ミノキシジルタブレット の詳しい商品説明はこちら。
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。







先日のブログで、最終兵器 「ミノキシジルタブレット」 に関してお話をしました。
今回はその続きで、ミノキシジルの作用・効果をブログしていきます。

前回までに「ミノキシジルとは?」ミノキシジルの副作用は?といったものを記載してきましたが「肝心の作用・効果」に関しては具体的に触れてきませんでした。

実は、この最終兵器と言われているミノキシジルですが、実は、その発毛作用は良く分かっていないのです。

単純に考えると、もともとが降圧剤でしたので、血管が拡張する為、血流改善による育毛促進と言うものが挙げられますが、血流を改善しただけでは、そのような効果は得られません。

もしそうであるならば、頭皮マッサージをすれば、ハゲは撲滅できるといったことになります。それ以外の何かがこのミノキシジルにはあるのです。

一般的には、ミノキシジルは、直接毛母細胞に働きかけ、血流を増やすことで、毛根に栄養を多くいきわたらせ、髪の成長を早める働きがあるとされています。

・・・といった曖昧な効果だけの記述しかなく、分子レベルの作用は未だに解明されていないのです。


ただ、このミノキシジルの作用を調べて行くうちに、ある興味深い研究発表を見つけました。

それは「ミノキシジルの作用」という研究発表論文で、2002年に大正製薬(株)特別研究プロジェクトチームの小友進氏が日本薬理学雑誌に発表したものです。
要約としては以下のことが記されています。

<ミノキシジルの発毛作用について>
要約: 毛髪の長さと太さは主に毛包サイクルの成長期毛包の期間の長さで決まる.成長期はVEGF,FGF-5S,IGF-1,KGF等の細胞成長因子で維持されている.しかし体内時計によって設定された時が満ちれば,FGF-5,thrombospondin,あるいは何らかの未同定の因子により成長期は終了し,毛母細胞にアポトーシスが誘導され退行期へと移行する.男性型脱毛症は遺伝的背景の下に男性ホルモンによって,より早期に成長期が終了する事によっておこる毛包の矮小化である.ミノキシジルの発毛効果はsulfonylurea receptor(SUR)を作動させ,(2)血管平滑筋ATP感受性Kチャネル開放による毛組織血流改善,(3)毛乳頭細胞からのVEGFなど細胞成長因子の産生促進,(4)ミトコンドリアATP感受性Kチャネル開放による毛母細胞アポトーシス抑制,のいずれかを誘起し,成長期期間を延長して,矮小化毛包を改善することによると推察される。


・・・難しすぎて良く分かりませんが、やはり「ミノキシジル」の毛成長のメカニズムについては、詳細は未だ分かっていないようです。


次回からは、この論文の本文を具体的に見ていきたいと思います。
少しはミノキシジルの作用・効果に関して近づけるかもしれません。




現時点で、ミノキシジルタブレット は、最強の育毛剤と言われています。

ミノタブの購入は、こちらから!! ミノキシジルタブレットの最安値
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




先日のブログで、最終兵器「ミノキシジルタブレット」に関してお話をしました。
今回はその続きです。


この「ミノキシジルタブレット」、通称「ミノタブ」は、おそらく現在の育毛・発毛薬の中で最も効果の高い薬だと私は考えています。

飲む薬である為、塗る一般的な育毛剤よりも遙かに効果が高く、具体的には、ミノキシジルタブレット「10mg」で、塗るミノキシジルの代表である「ロゲイン」の2倍相当だ言われています。


ただし、効果が高ければ、当然、副作用も強いため、なかなか「ミノタブ」服用に踏み切れない人もいます。

かくいう私もその一人で、ミノタブの服用は、他の育毛剤全てがダメだった時にしようかと思っています。

そのくらい、効果が強く、そして副作用も強いとのことです。

では、そのミノキシジルタブレットの副作用は、どんなものがあるのでしょうか。

体毛が濃くなる、めまい、動悸、胸痛、痒み、頭部の炎症、顔のむくみなどです。

もともと、ミノキシジルタブレットは血圧降下剤(毛細血管を拡張させ血圧を下げるもの)であるため、低血圧に関連のする症状も出ます。

低血圧の方の服用は、出来るだけ避けるべきで、異常に血圧が下がったり、朝起きられなくなったりするそうです。

また、体毛に関しては、個人差はあるものの、かなり濃くなるようです。

腕毛も尋常じゃないくらいボーボーに生えてきたとか、胸毛が生えてきたとか話を聞きます。

あるブログでは、「指毛が異常に濃くなった!」と書いてあるものもありました。

話それますが、リーブ21では、通常のコースに効果がない患者には、このミノタブを飲ませているなどと言った噂があります。

真偽のほどはわからないのですが、この「ミノキシジル」は、そういった噂が飛び交う程、発毛効果は高いのです。

ただし、上述のように副作用もかなり強いので、服用には十分な注意が必要です。


では、今回はこの辺で・・・。
次回もミノタブの研究の続きをブログします。



ミノキシジルタブレット は、現時点で最強の育毛剤といわれています。


ミノタブ購入は、こちらから!ミノキシジルタブレットの最安値
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





前回のブログで、「ノコギリヤシ」について、お話をしましたが、今回は、最終兵器、「ミノキシジルタブレット」に関して調べてみました。

実は「ミノキシジル」に関しては、以前も調べたことがあります。
ただ、だいぶ昔のことですし、おそらくネット上にいろいろな情報や体験談や新たに掲載されていることでしょうから、また1から調べてみます。

また、今回は、フィンペシアからソーパルメットに変更しますが、一番効果があるのは、やはり「ミノタブ」だと思っています。
なので、これを機にもう一度じっくり調べてみたいと思っています。


「ミキシジルタブレット」とは、「ロテニン」のタイ製ジェネリック版です。

その「ロテニン」とは、米国FDAにより初めて育毛剤として認可されたミノキシジルの経口剤、つまり飲み薬です。


日本では、ミノキシジルを含んだ飲み薬は、「ミノキシジルタブレット」の方が一般的で、通称「ミノタブ」と呼ばれ愛用者が多いようです。


では、最近、良く耳にする「ミノキシジル」とはいったい何でしょうか?

英語では、「Minoxidil」と記載します。
・・・決して「ミノキシ汁」的なものではありません(笑)。

化学式では「C9H15N5O6」 と表記し、IUPAC命名法による物質名では、「ピペリジン-1-イルピリミジン-2,4-ジアミン-3-オキシド」表します。


この「ミノキシジル」は、血管拡張剤の1つとして開発された医薬物質です。
つまり高血圧の人が飲む血圧を下げる薬です。

もちろん、当初は血圧降下剤としてのみ用いられていました。

しかし、服用している人の中で多毛症の副作用が生じる人が頻発したため、その効果が調べられた結果、髪を育成し脱毛症を回復させる効果があることが分かったのです。

そして、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)が、ハゲや脱毛症の治療用として塗り薬の発売をしました。

これが、私も以前愛用していた「ロゲイン」です。(当時はミノキシジルが2%)

では、次回はミノキシジルの副作用に関して調べてみます。

ミノキシジルタブレット の詳しい商品説明は、はこちら!)


ミノキシジル購入は、こちらから!ミノキシジルタブレットの最安値
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




ミノキシジルタブレット・・・通称ミノタブ!(商品名ロニテン)
ミノキシジルタブレットは、ハゲの劇薬として知られています。
大げさか・・・・・・・。

ただ、かなりの育毛通のハゲ大魔王でも「ミノタブ」には二の足を踏むと言われています。

私も以前から名前は知っていましたが、副作用が強すぎるというので、自分には関係ないと思って詳しく調べていませんでした。
しかし、ひょんなことから、調べてみると、やはり、毛は劇的に生えてくるようです。


ミノキシジルタブレットとはその名の通り、ミノキシジルを錠剤タイプにした内服薬です。
逆にミノキシジルを外用薬として使用しているのが「ロゲイン」や「ザンドロックス」などです。

ミノキシジルの薬効は血管拡張(毛細血管を拡張させ血圧を下げる)ものです。

そもそも、米国アップジョン社が血圧降下剤「ロニテン」として発売されておりましたが、その副作用として、育毛効果が見られたことが、きっかけで育毛剤に転用されたのです。

更に、最近では男性ホルモンの変換酵素阻害作用や、成分が毛母細胞にじかに働きかけ、活性化させる効果もあることが発見されています。


「ミノキシジルタブレット」は、錠剤として飲み、体内に入れるのです。

・・・・効きそう・・・でも、副作用が・・・怖い!といった感じです。
で、副作用を調べてみると・・・・・それが、あまり出てこないのです。

当たり障りの無い「ロゲイン」同様の胸痛とか動悸、めまい、痒み、炎症・・・・くらい。

そんなはずはない!と思い、さらに2チャンネルまで調べてみると、
  • 朝起きられない(降圧剤だから)
  • 飲むと急激に血圧が下がる
  • 腕、足、陰部等に異常に毛が生えてくる。
等々ありました。怖くて、服用を1ヶ月でやめたという人もいました。

しかし、発毛効果は、現存の育毛剤(外用薬・内服薬含めて)やはり、ピカイチ!!

実際、写真UPしている人の頭髪は、3ヶ月ほどで、劇的に改善してました。
逆に裏を返せば、それだけ、強い薬だということでしょう。

いずれ、私も試すときが来るのでしょうか・・・。

ミノキシジルタブレットの最安値

ミノキシジルタブレットの詳細はこちら)


======================================================================

トップページには、発毛・育毛 【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。