<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続き、「 ミノキシジル の発毛作用について」 の研究論文の解説です。


(1)細胞増殖作用と細胞成長因子産生作用
ミノキシジルが細胞を増殖させる作用は、毛組織細胞以外にも、いろいろな細胞で調べられています。

しかし、細胞増殖促進と細胞増殖抑制という相反する作用が同程度、発現するため、一定の傾向を見い出す事が出来ません。

そういった中で、倉田氏らは、ベニガオサルの毛組織細胞を培養し、ミノキシジルが、毛細胞に対しては、特別に強い増殖作用を示すことを突き止めました。

逆に、毛組織以外の細胞に対しては、弱い細胞増殖作用を示すことを証明しました。


このミノキシジルが毛の細胞に対して著しく効果がある理由は、現在、詳細は不明のままですが、毛組織における細胞成長因子の分泌促進作用だと考えられています。

細胞の成長促進させる因子、あるいは細胞の成長を阻害する因子を抑制する因子などが分泌されることによって、毛細胞の成長期は継続します。

逆に、細胞の成長を阻害する因子が分泌されると、成長期が終わり、休止期に向かうと考えられています。

従って、毛包の成長期間は、これらの因子のバランスで決まることになります。


特に、「VEGF(血管内皮細胞増殖因子)」という因子は、毛髪に大きな影響を与えています。

その「VEGF」は、男性型脱毛症毛組織において、その分泌が低下します。

そして、毛母細胞の成長期から退行期への移行にともない分泌量が減少します。


また、「IGF-1」という因子は、男性ホルモンによって作り出される因子です。

それは、ヒトの髭や毛の乳頭細胞を成長を促す細胞増殖因子です。

ヒト頭髪毛乳頭には、「IGF-1」とそのレセプターが存在し、毛母細胞増殖因子を産生させます。

「IGF-1」は、成長期毛包から退行期毛包への切替えスイッチをOFFにすると云われており、そのことにより、毛の成長を促します。

実際、マウスで髭の伸びが良くなるという実験データもあります。

(このレポートは、さらに続きます。つづく)



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。


ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。