<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。


(前回より続く)

このように原始の時代では性的魅力であったはずの男性型脱毛であるが、すでに紀元前4世紀のアリストテレスの時代には毛生え薬があったという。

その後、育毛剤は現代の日本においても年間数百億円の市場を形成するに至っているが、なぜこのように忌み嫌われるのか、いやそればかりでなく脱毛症という疾患のレベルにまで貶められる理由はなんであろうか。

おそらく文明の成立と発展に伴う生活環境の安定化や社会的価値観の変化と関係しているのであろうし、さらに男性型脱毛は、不可逆的で自然に治ることが出来ないため加齢によって増加するという特徴があり(80歳代で日本人男性の60%に達するという)、平均寿命が延長するに伴い、老徴と強く結び付くようになったと推定される。


なお男性型脱毛は、経験的に遺伝することが知られているが、その形式はメンデルの法則に単純に従うものではなく、複数の遺伝子が関わると考えられて、主に男性ホルモン受容体(AR)の遺伝子変異が研究されてきた。最近ARの変異に加え、X染色体ではないクロモソーム20p1122の変異が加わることによるという報告がなされている。


※受容体
生物の体にあって外界や体内から何らかの刺激を受け取り情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造のこと。
※クロモソーム20p1122
Y染色体(男性特有の染色体)の1つ種類


(次回へつづく)




ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。