<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、日経の記事で、『毛の成長周期で「休止期」を保つ遺伝子の機能をマウスの実験で明らかにした』との記事がありました。

つまりは「毛の成長を抑制する遺伝子が見つかった」ということのようです。


これを発見したのは、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のチームで、このチームによると、この遺伝子の働きを抑えるとマウスの毛が濃くなったそうです。

この遺伝子は人間にも存在しており、私を含む「はげチラ(はげ散らかしている人)」にも有効だそうで、我々にはとても嬉しいニュースです。

チームによると(以下新聞の抜粋)
毛の成長は、成長期、退行期、休止期の3段階に分かれ周期的に繰り返すことで体毛が維持されるという。今回対象にした遺伝子は毛のもととなる毛包幹細胞で、休止期に働いていることは既に分かっていたが、具体的な機能は不明だった。チームは皮膚にこの遺伝子を持たないマウスを作り出したところ、普通のマウスの休止期が3週間から数ヶ月なのに対し、わずか1週間程度まで短くなった。成長周期が頻繁になったことで、毛が抜ける前に新たな毛が同じ毛根から生え毛の量が多くなった。(以上抜粋)


・・・・と言っても、この研究が実際、悩めるはげチラに対し実用化されるのは、おそらく何年も時間が必要だとは思われます。。もはや間に合わないかも・・・・・




ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。