<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュタス(デュタステリド) と ミノキシジルタブレット の服用を継続、状況を報告中です!!!!!


現在の頭髪状況はこんな感じです。↓↓↓
ミノキシジルタブレット20130630

まだ、見た目は変化はありませんが、気のせいか頭皮の脂分が減ってきました。
研究者の間では、世間で言われているほど、「頭皮の脂分」と「脱毛」の因果関係はないとされています。

しかしながら、私の経験において、半年前にフィナステリドの服用を中止したところ、2ヶ月後くらいから、頭皮の脂分がとても気になるようになりました。
洗髪をした後でも暫くしてから頭皮を触るとベタつき感があるのです。フィナステリドを飲んでいる間はそんなことはなかったと思います。
そして、それから徐々に脱毛が始まった感じがします。今では以前よりだいぶ毛が減ってしまっています。

そして、先日より、デュタスを飲み始めました。
まだ、はっきりとは分かりませんが、頭皮の脂分が減っている気がします。
手で触ってみても気になるベタベタ感が減っている感じです。

以前調べた記憶では、「頭皮の脂分の影響で脱毛はされないが、「5αリダクターゼ」は、頭皮の脂分の中に含まれる。」

以上のことをまとめると以下のように整理できます。

①頭皮の脂分で毛が抜けることはない
②5αリダクターゼは、頭皮の脂分に含まれて対外に放出される
③5αリダクターゼが増加すると、頭皮の脂分が増加する
④頭皮の脂分をシャンプーで落としても脱毛には関係がない

つまり、脱毛するときは、頭皮の脂分は増えるが、それは体内の5αリダクターゼが増加したからで、結果として出た脂分をシャンプーなどで落としても脱毛予防にはならない。

5αリダクターゼを減少させると脂分は減る。
この観点で、暫く頭皮の脂分をウオッチしていきたいと思います。



デュタス(デュタステリド) は、プロペシアより、強力な5αリダクターゼ阻害系育毛剤です。

======================================================================

トップページには、発毛・育毛 【超】 大辞典 menu
育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。