<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ビタミノックス」って、何???

いやいや、育毛剤っていろいろありますよね・・・・。

調べがいがあります。

「ビタミノックス」とは、スペインのビタミノックス社のミノキシジル系の塗り薬です。

種類は3種類あります。

①「ノーマル」・・・・・・・ミノキシジル5%
②「+アゼライン酸」・・・・ミノキシジル5%+アゼライン酸
③「SPECIAL」・・・・ミノキシジル5%+アゼライン酸+レチンA

①の「ノーマル」はロゲインに似ています。
有効成分ミノキシジルにて発毛を促します。

②の「+アゼライン酸」はザンドロックスに似ています。

「アゼライン酸」とは、別名「スキノレン」といい、穀物に含まれる天然物質で、脱毛を促進する変換酵素=5アルファ還元酵素を阻害するものです。

だから、アゼライン酸は、男性型脱毛症の大きな原因となる頭皮の合成男性ホルモンも減少させる働きがあります。

③の「SPECIAL」は更に「レチンA」を含有しています。

「レチンA」とは皮膚中のタンパク質ケラチンを減らし、頭皮の表面の層を薄くする事で毛穴への皮脂の詰まりを防ぎ、ミノキシジルの吸収率を高める効果があるといわれている医薬品です。

「レチンA」を加えることでミノキシジルの浸透性を高める効果があるということです。

ただ、この「レチンA」は、紫外線を浴びるとひりひりしたり、シミやシワが出来ることがあるそうです。

そして、ロゲインやザンドロックスと比較して大きく違う点は、「プロピレングリコール」という成分が少量に抑えられている点です。

この「プロピレングリコール」の分量が多いと、肌が過敏な人は皮膚炎を引き起こします。

だから、ロゲイン、ザンドロックスと比べて、皮膚炎等の副作用は少ないと言えます。

ここで、副作用の症状ですが、これは、ロゲインやザンドロックスと同様で、痒み、炎症、皮膚炎です。

ただ、先ほど言ったとおり、「プロピレングリコール」の分量が少ない分、副作用も少ないかと思われます。

この「ビタミノックス」はかなり、効果があるものの、流通事情により、現在は取り扱う育毛剤輸入業者、ショップは極端に少なくなっています。

実際、検索しても輸入代行業者は、あまり出てきませんよね!

でも、「ロゲイン」より効果はありそうです。

私も、今のロゲインを使い切ったら、「ビタミノックス」か「ザンドロックス」に変更する予定です。

まだ、ロゲインは3ヶ月分ありますが・・・・。

ビタミノックスは鮮度が高いほど効果があるため、工場では毎週製造、作りたての製品を発送してらしいです。

ビタミノックスを取り扱っているお勧め業者は今のところないです。

引き続き調べていきます。


まだロゲインで頑張る方は、
↓↓↓↓ こちらから!
ロゲイン5%



本格的な育毛の開始は、ロゲイン から!!!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛 【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/190-f30091f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。