<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
3月18日(いよいよ施術の第2話)


麻酔がだんだん効いてきて、後頭部の感覚がなくなってきた。

先生から「どうですか~、まだ、感覚ありますか~??」との確認。
感覚がなくなってきたことを伝えるといよいよ、ドナーの採取らしい。

この自毛植毛の施術の工程を大きく分けると以下の3つになります。

1.ドナーの採取
2.ドナーの株分け
3.植毛

今は後頭部に麻酔をかけ、「1」のドナーの採取をしています。

髪の毛の豊富な後頭部を3センチX10センチくらい切り取り、傷跡を寄せて
縫合してしまいます。

次に切り取ったドナーを、毛根単位に切り分けていく作業が「2」になります。

これは、専門の看護師さんが数名で切り取った頭皮を、毛根単位に分けていき
ます。

そして最後に、その切り分けた「毛根」を髪の毛の欲しい場所に植えてきます。

それが、最後の作業の「3」になります。


いよいよ、後頭部を切り取りが始まりました。

面白いのは、後頭部の皮膚を切り取る音が聞こえてくるということです。

麻酔は局部麻酔なので、意識ははっきりしているし耳も聞こえます。

後頭部の方から、ジョキ!ジョキ!と言う音が聞こえてくるのです。

自分の頭皮が切り取られる経験などないのでかなり違和感があります。

なんとなくですが、後頭部が圧迫されるような感覚があります。

当然、全く痛くはないのですが、後頭部の方からジョキジョキ。

なんとも不思議な感覚です。
(つづく)


自毛植毛 の病院の比較一覧、体験談、口コミなどはこちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/311-5d52edab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック