<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。

 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

前回は、自毛植毛の疑問話をしましたが、今回は「ランクC」群の解説をし
ていきます。

この「C」群のほとんどは、薬局やドラッグストアで販売している市販の育
毛剤です。
CMとかでやっているので、名前を聞けば「あ~~!!!」と思われるもの
ばかりです。

今日のブログは「ランクC1」の1つ目の「塩化カプロニウム」です。
これは、第一三共ヘルスケアが販売している「カロヤン」シリーズの主成分
になります。

頭皮・毛根の血管を拡張し、血流を増加させ、発毛を促進する効果があります。

血流量が増えることで、毛根部に酸素と栄養分が送り込まれ、育毛・発毛効
果が高まります。

医薬品のカロヤンシリーズには、1%濃度のカルプロニウム塩化物が配合さ
れていますが、NFカロヤンガッシュは、配合濃度を2%に倍増し、血管拡
張効果と血流増加作用を強化しています。

「C群」全般的に言えるのですが、その主成分は、血流をよくするものがほ
とんどです。

ランクAの「ロゲイン」も血圧降下剤の薬として開発された薬で、血管
を拡張し血流を良くするというものです。

ただ、「ランクA」のロゲインと「ランクC1」の諸々の育毛剤では、その
発毛効果には格段の差があります。

だから、私も日本皮膚科学会同様、「ロゲイン」がお勧めです。


===================================================================
私が尊敬している学者先生は、AGA(男性型脱毛症)に最も効果的なのは、
ミノキシジル】だと結論付けています。

トップページには発毛・育毛関するコンテンツが200以上用意してあります。
そのコンテンツのメニューの一覧はこちら!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/320-e35437a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック