<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
今日も引き続き、日本皮膚科学会のガイドラインに関してのブログです。

念のため、再度、日本皮膚科学会のガイドラインを掲載します。
ガイドラインでは育毛剤、育毛治療を「5段階」で区分しています。
 <推奨度>    <薬・治療>        
   A・・・ フィナステリドの内服
   A・・・ ミノキシジルの外用 
   B・・・ 自毛植毛術     
   C1・・ 塩化カプロニウム      
   C1・・ t-フラバノン       
   C1・・ アデノシン         
   C1・・ サイトプリン・ペンタデカン 
   C1・・ ケトコナゾール       
   C2・・ セファランチン       
   D・・・ 人工毛植毛術        
(日本皮膚科学会の資料を基に作成)

今回は、「サイトプリン」です。

今までの塩化カプロニウムやアデノシン等の「C1群」はほとんどが有名
メーカーの育毛剤の主成分でした。

しかし、この「サイトプリン」という成分は初めて聞きました。

いろいろ調べてみるとどうやらHair Club ANFORE というところが発売し
ている「CTP‐EX」の発毛成分のようです
(きちんと確認ができませんでした)。

別の呼び方で「サイトプライン」とも呼ぶそうです。


・・・下記は某HPからの引用・・・
サイトプラインの発毛効果として

某皮膚科学研究所、某大学医学部皮膚科教授、三省製薬㈱の共同研究グルー
プは「CTP」は動物実験で育毛効果があるとされているペンタデカ酸グリ
セリドや、米国で開発されたミノキシジルに勝る発毛効果を有し、臨床試験
においてもCTP配合育毛剤と一般的な育毛剤の効果を男性において比較し
たところ、CTP配合使用の44名中20名に育毛効果が認められた(有効
率46%)のに対し、一般的な育毛剤使用42名では有効と認められたのが
3名(有効率7%)でした。
しかも安全性も高く、副作用もみられないと、その効果を高く評価しています。     


ロゲイン(ミノキシジル)よりも勝る育毛効果があると堂々と記載しています。

しかし、ロゲインはその有効率は97%です。
このサイトプラインの46%をはるかに凌ぎます。


正直、よくわからない育毛剤です。

ただし、ロゲインより育毛効果があると言い張っているのが少し気になりますが・・・。


やっぱり、最強の育毛剤は、「ロゲイン」ってことでしょうか!!

======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/323-23433cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック