<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
前回のブログで、「ノコギリヤシ」について、お話をしましたが、今回は、最終兵器、「ミノキシジルタブレット」に関して調べてみました。

実は「ミノキシジル」に関しては、以前も調べたことがあります。
ただ、だいぶ昔のことですし、おそらくネット上にいろいろな情報や体験談や新たに掲載されていることでしょうから、また1から調べてみます。

また、今回は、フィンペシアからソーパルメットに変更しますが、一番効果があるのは、やはり「ミノタブ」だと思っています。
なので、これを機にもう一度じっくり調べてみたいと思っています。


「ミキシジルタブレット」とは、「ロテニン」のタイ製ジェネリック版です。

その「ロテニン」とは、米国FDAにより初めて育毛剤として認可されたミノキシジルの経口剤、つまり飲み薬です。


日本では、ミノキシジルを含んだ飲み薬は、「ミノキシジルタブレット」の方が一般的で、通称「ミノタブ」と呼ばれ愛用者が多いようです。


では、最近、良く耳にする「ミノキシジル」とはいったい何でしょうか?

英語では、「Minoxidil」と記載します。
・・・決して「ミノキシ汁」的なものではありません(笑)。

化学式では「C9H15N5O6」 と表記し、IUPAC命名法による物質名では、「ピペリジン-1-イルピリミジン-2,4-ジアミン-3-オキシド」表します。


この「ミノキシジル」は、血管拡張剤の1つとして開発された医薬物質です。
つまり高血圧の人が飲む血圧を下げる薬です。

もちろん、当初は血圧降下剤としてのみ用いられていました。

しかし、服用している人の中で多毛症の副作用が生じる人が頻発したため、その効果が調べられた結果、髪を育成し脱毛症を回復させる効果があることが分かったのです。

そして、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)が、ハゲや脱毛症の治療用として塗り薬の発売をしました。

これが、私も以前愛用していた「ロゲイン」です。(当時はミノキシジルが2%)

では、次回はミノキシジルの副作用に関して調べてみます。

ミノキシジルタブレット の詳しい商品説明は、はこちら!)


ミノキシジル購入は、こちらから!ミノキシジルタブレットの最安値
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/353-e2f41df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック