<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続き、「 ミノキシジル の発毛作用について」 の研究論文の解説です。


6. ミノキシジルの発毛メカニズム
ミノキシジルの発毛効果の本質は、成長期の期間の延長による矮小化(異常に小さくなってしまう)毛包の改善であると言えます。

その具体的作用として毛乳頭細胞の増殖作用、毛母細胞のアポトーシス抑制作用、毛組織の血流改善作用が考えられます。

尚、アポートシス抑制作用のアポートシスとは、細胞が自らを滅ぼす作用をいいます。

通常の細胞は、何度か細胞分裂を繰り返すと自らを滅ぼすようなプログラムになっていますが、なんらかの影響で、そのプログラムが活発になってしまうことがあります。

ミノキシジルはその異常を抑制する作用があると言っています。

そしてこれらの作用のメカニズムとして【SUR(sulfonylurea receptor)の活性化】スルホニルウレア受容体の活性化と、それに基づく【KATPの開放】が考えられています。

現在細胞膜のSUR には「1」「2A」「2B」 の3つの「SUR」とともにKATPを構成するチャネルポアには「Kir6.1」、Kir6.2」の2つのサブタイプが知られており、組織によって異なる固有の組み合わせで存在しますが、毛組織細胞には血管平滑筋と同じくSUR2Bが存在することが知られています。

⇒ここは、あまりに専門的過ぎて解読が出来ませんでした。
 すみません。


(さらに続きます。)



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 22:33:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/364-23827c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。