<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続き、「 ミノキシジル の発毛作用について」 の研究論文の解説です。


毛母細胞を増殖させるのは、「IGF-1」というタンパク質だと考えられています。

ヒト毛乳頭には複数のIGF結合タンパク質が存在します。
場所別に整理すると以下のようになります。

ヒト毛乳頭・・・・・・・・・・IGFBP-3、IGFBP-4(少量)、IGFBP-5
結合織性毛包・・・・・・・・・IGFBP-4、IGFBP-5
毛乳頭・毛母組織の境界域・・・IGFBP-4

毛母組織の増殖をコントロールする毛乳頭では、IGF-1を抑制してしまうIGFBP-4は、量が少なく、影響を与えないと考えられています。

また、IGFBP-3とIGFBP-5は成長期毛乳頭に豊富に存在する結合織(=特にプロテオグリカン)に吸着してしまい、その活性を失います。

そのため、IGF-1は遊離型で存在可能で、結果として毛母細胞を増殖させる方向に作用します。

このような中でミノキシジルは毛乳頭細胞のIGF-1とVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の産生、毛包のHGF(細胞再生成長因子)の発現を促進します。

また、毛組織細胞ではないが、ミノキシジルに「IGF-1」作用増強作用や「HGF(細胞再生成長因子)」産生促進作用が報告されています。

ミノキシジルの成長因子、産生促進作用のメカニズムについては、殆ど検討されていませんが、仲谷らのグループは、ミノキシジルの毛乳頭細胞に於けるVEGF産生促進作用にアデノシンA1レセプターと細胞内カルシウムイオンの上昇が関与すると考えています。





ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/366-a4701aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。