<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続き、「 ミノキシジル の発毛作用について」 の研究論文の解説です。


2)結合織成熟抑制作用
ミノキシジルは、皮膚線維芽細胞(ひふ・せんい・が・さいぼう)や毛乳頭細胞でコラーゲン線維の成熟(劣化・老化)を抑制します。

このミノキシジルによる線維成熟抑制は、「lysyl-hydroxylase(リシルヒドロキシラーゼ[酸化還元酵素の一種でコラーゲンの形成・安定に必須な酵素])」の誘導阻害によるものですが、毛乳頭におけるコラーゲン合成阻害は、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)の 産生を介するものかも知れません。

皮膚線維芽細胞などの結合織は、成長期毛乳頭に豊富に含まれ、休止期で激減し、毛包サイクルに従って変化するので、毛サイクルの機能に密接な関与が想定されています。

また、宇野ら研究チームでは、ヒト男性型脱毛症の皮膚組織を観察した結果、毛包に炎症像があることがわかり、毛包下線維鞘に起こる線維化、瘢痕(はんこん[=傷跡])化が脱毛症を極めて治りにくいものにしていると考えています。

このような中で、ミノキシジルの線維化抑制作用が、その発毛効果に実際、どの程度寄与しているかは、今のところ不明です。



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/370-ad3e1529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。