<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続き、「 ミノキシジル の発毛作用について」 の研究論文の解説です。


8. まとめ

ミノキシジルは、ABC タンパクファミリーのSUR( スルホニルウレア ※受容体)を活性化して薬理効果を発揮するSUR 作動薬と結論付けられます。
※スルホニウルウレア
パラフェニル基、スルホニル基、ウレア結合からなるスルホニルウレア構造(S‐フェニルスルホニルウレア構造)を持つ化合物の総称である。(Wikipedia)



その発毛作用の実体は、未だ完全に解明されていませんが、毛乳頭細胞におけるVEGF ※ やIGF-1 ※など細胞成長因子の誘導、ミトコンドリア ※に作用しての毛包細胞のアポトーシス ※ 毛乳頭や毛包周囲の毛組織血流改善などの可能性が考えられています。

※VEGF
血管増殖因子
※IGF-1(インスリン様成長因子)
インスリン様成長因子1(IGF-1)は主に肝臓で成長ホルモン(GH)による刺激の結果分泌される。人体の殆どの細胞、特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞はIGF-1の影響を受ける。インスリン様効果に加え、IGF-1は細胞成長(特に神経細胞)と発達そして同様に細胞DNA合成を調節する。(Wikipedia)
※ミトコンドリア
主要な機能は、電子伝達系による酸化的リン酸化によるATPの産生(ADPのリン酸化)である。細胞のさまざまな活動に必要なエネルギーのほとんどは、直接、あるいは間接的にミトコンドリアからATPの形で供給される。
※アポートシス
アポトーシス (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死。(Wikipedia)



これらのいずれかの作用を介して、男性型脱毛症の特徴である毛包の成長期期間の短縮を改善し、有効性を発揮するものと考えられます。

以上

(終わりです)

というわけで、一通り、訳してみました・・・・。
・・・・・結局、最後までよく分かりませんでした。すみません。
ただ「ミノキシジル」の発毛作用それ自体も「よく分かっていない」ようです。

今後の研究に期待をし、目を注いでいきたいと思っています。

文献の分析は少し面白かったので、他にないか探してみます。
ようやく、なんとなく、やり方や訳し方分かってきました。



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/373-b2022bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。