<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



<毛組織>
肉眼で見える皮膚から出ている部分をも毛幹、皮膚内部の目の見えない部分を毛根という。

この毛をつくる組織を毛包といい、上皮系、色素細胞系、間葉系の3種類の組織から成り立つが、直接的には毛は表皮と同じ上皮系で作られているので、これを特に毛包上皮系という。

毛は毛髄、毛皮質、毛小皮の3層からなる。

毛包は毛根を鞘状に取り込み、内側を内毛根鞘、外側を外毛根鞘と呼ぶ。

内毛根鞘は鞘小皮、ハックスレー層、ヘンレ層よりなる。

外毛根鞘が接している間葉系組織で毛包の最外殻を形成するのが結合織毛包である。

外毛根鞘の中ほどには脂腺とその下の立毛筋の接着部の付近にバジルと呼ばれるやや肥厚した部分があり、ここに毛包と色素細胞の幹細胞が存在する。

毛包幹細胞は、表皮幹細胞や脂腺組織の幹細胞としても機能する。

毛包の下部は膨らみを持ち球状を呈するので、これを毛球という。

毛球は、その中心に真皮と同じ間葉系の組織である毛乳頭を抱き込むように抱えている。


(つづく)




ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/375-d2ecb09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック