<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



毛乳頭と接する上皮系の細胞分裂の盛んな部分を毛母マトリクス(毛母基)、それを構成する細胞を毛母細胞と呼ぶ。

毛母細胞は、バジル領域から供給された毛包幹細胞から分化したもの(TA細胞:transient amplifying cell)であるが、さらに増殖分化して毛幹と内毛根鞘を形成する。

一方、外毛根鞘は基底層の組織から分化すると言われている。

最近、このような胎児期の毛組織発生にかかわる上皮系組織(表皮)と間葉系組織(真皮)の緊密な相互作用の様子と、その分子基盤が明らかにされてきている。

すなわち、プラコードと呼ばれる表皮細胞の肥厚が起こり、そのもとに真皮集塊ができ、そこからの刺激によって毛芽が形成され、毛芽の先端が真皮集塊を抱き込むようにして毛乳頭が作られ、毛乳頭は、そこに接する上皮系の組織を毛母細胞へと変化させ、毛を産生させる。

毛包の数はすでにこのときに決定され、生涯変わることはない。


(つづく)



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/376-12a0cf10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック