<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。


(前回より続く)
ここで、毛の太さは毛包の大きさ、毛の長さは成長期の期間に比例する。

一定の環境のもとでは毛包も成長期期間に比例して大きくなるので、そのような場合には毛のサイズは一義的に成長期間によって決まる。

毛周期の移行や次サイクルのための毛包幹細胞刺激に毛乳頭が中心的役割を果たすが、そのメカニズムが明らかになってきている。

休止期から新たな成長期への移行に関わる機構とシグナル因子が毛包発生の場合に類似していることは興味深い。

このような毛サイクルが何故に存在するのだろうか。

一見変わらないと思える毛のサイズは状況や年齢に応じてダイナミックに変化する。

この変化は、次サイクル以降の毛のサイズを変えることでなされる。


毛サイクルは、これを支えるメカニズムとしての機能を担っているのである。

毛母細胞は退行期に死滅するので、そのたびに供給される必要があるが、このための毛包幹細胞がバルジ領域にあることが発見された。

この幹細胞は表皮にも脂腺にも分化する多分化能性幹細胞であることが明らかになっている。

また、毛髪に色素を供給するメラソサイトは毛母マトリクスに存在し、毛包サイクルに合わせて増殖を繰り返すが、この幹細胞もバルジに存在する。このような幹細胞を維持する微小環境をニッチ(niche)といい、その機能や関与する因子が明らかにされている。
(つづく)


ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/378-70b76c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック