<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。

(前回より続く)


2.男性型脱毛はなぜ脱毛症か

加齢の影響を調べるために、男性型脱毛の男性5人と男性型脱毛でない男性5人を、8~14年にわたって経時的に観察したCourtoisらの研究によれば、男性型脱毛のあるなしにかかわらず、いずれの男性も加齢によって男性型脱毛にみられる特異的な変化、すなわち毛成長期の減少・薄毛化・休止期と成長期の間の潜伏期の拡大、毛幹のサイズの減少などが認められた。

このように、加齢は頭髪が全体的な貧毛の外観へ向かうことに加担するものであるが、もともと男性型脱毛であるものは、その進み方が速いといっている。

このように、男性型脱毛は老徴としての印象が強いので、それがなぜ第二次性徴であるのか不思議に思われる方も多いのではないだろうか。

かつてはヒトが文明と手にする前の野生の生活をしていたころは、厳しい自然との闘いのなかでで平均寿命は今よりはるかに短いものであったに違いない。

また狩猟など、多くの危険を冒して日々の食料を手に入れるためには身体能力に加えて、豊富な経験を積むこと、すなわち実年齢より長けて見えることが、異性に対する魅力として有利であったと思われる。
かつて男性型脱毛は、老徴というよりは雄としての成熟を意味し異性による選択条件として意味をなしたのであろう。

ハミルトンの調査によると、その発言は10歳代~20歳代前半にかけてはじまるが、必ずしも年齢とともに発現する速度が大きくなるわけではなく、日本語でも若はげ、あるいは壮年性脱毛という言い方がそのことを示唆しているように思える。

(次回へつづく)


ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/381-0e2e7d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。