<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



(前回より続く)

テストステロンなど男性ホルモンの活性化酵素、受容体(AR)、ARコアクチベータ(ARA55)※は、毛乳頭に限られて存在し、その作用は毛包上皮系※ではなく、間葉系※毛組織である。

テストステロンは、毛乳頭でジハイドロキシテストステロン(DHT)に活性化されて作用するがこの変換に関わる5α‐還元酵素にはⅠ型とⅡ型がある。

頭毛、髭、腋毛などの、いずれの部位の毛も押しなべてⅠ型酵素を有するが、加えて男性型脱毛部位の前頭部・頭頂部の頭毛や髭の毛乳頭にはⅡ型が存在し、それによりつくられたDHTが同じ毛乳頭のARが作用する。

DHTが結合したARは、それ自体が転写因子として機能する。

※ARコアクチベータ
細胞内タンパク質の一種であり、ホルモンなどが結合することで細胞核内でのDNA転写を調節する受容体
※上皮系
体表面を覆う表皮、管腔臓器の粘膜を構成する細胞
※間葉系
骨、軟骨、リンパ系、循環器系などの結合組織に発展する細胞
※テストステロン
男性ホルモンの一種
※ジヒドロテストステロン間葉系
テストステロンより強力な男性ホルモン


(次回へつづく)



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/385-109f7385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。