<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



(前回より続く)

その結果、男性型脱毛を起こす前頭部・頭頂部の毛乳頭ではTGFβ1やTGFβ2が、髭毛乳頭ではIGF-1が産生され、これが上皮系細胞(毛母細胞)の増殖をそれぞれ抑制・促進させ、毛の軟毛化や硬毛化に導くARやARA55は、後頭部の非脱毛部位より男性型脱毛部位の頭毛で高発現しており、5α-還元酵素とともに毛組織の男性ホルモン感受性の分子的背景を形成している。

男性ホルモンによって毛乳頭で産生されたTGFβ1,2は上皮毛細胞の増殖を抑制し、アポトーシスを誘発し、成長期毛包を退行期へと移行させることで成長期期間を短縮する。

また男性ホルモンが同様に、ヒト脱毛部位の毛乳頭に、アポトーシスを誘発するdickkoph1を誘導することや上皮毛の外毛根鞘細胞の増殖を促進する毛乳頭因子BMP2やephrinA3が脱毛部位では低下していることも知られている。 

※TGF
トランスフォーミング増殖因子で、組織の形成、細胞分化などにおいて極めて重要な役割を果たす。
※アポトーシス
細胞の死に方の一種。自殺的な死。個体をより良い状態に保つために生じる。
※dickkoph
アポトーシスを誘発する因子
※BMP
骨形成タンパク質
※ephrin
エフリン、軸索誘導。神経系の発生における重要なプロセス。

(次回へつづく)


ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/386-482528b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。