<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



ミノキシジル

1.開発の経緯

その起源は40年以上前、アメリカの製薬企業のアップジョン(当時名)社※の研究員Freyburgerが、イヌで胃酸分泌抑制作用を示すジアリルメラミンが顕著な降圧作用を示すことを発見したことまで遡る。

その後、降圧薬としての最適化研究のなかからミノキシジルが合成され、アメリカ難治性高血圧の経口降圧薬(ロテニン)として使われることになった。

その際のこの臨床において、副作用として多毛が認められたため、これが契機となって、新たに外用の発毛薬(2%、5%の2種、ロゲイン)としてアメリカで開発された。

日本では1%外用剤がリアップ※として発売されている。


アップジョン社※
1995年11月にスウェーデンのファルマシア社と合併し、ファルマシア&アップジョン社に。その後2003年にはバイアグラで有名な世界最大の製薬会社ファイザー社に吸収された。現在ロゲインはファイザー社から発売されている。
リアップ※
現在においては、5%も市販されている

(次回へつづく)




ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/391-f45d1569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。