<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



(前回より続く)


さらにGoldmanらは、ヒトの男性型脱毛において、このVEGF産生が低下することを認めている。

このような状況の中でLachgerらは、ミノキシジルがヒト毛乳頭のVEGF産生増強作用を有することを見出した。

また、Iinoらは、培養ヒト毛乳頭細胞でadenosine※の産生を増強するので、ミノキシジルはFGF-7を産生増強することになる。

FGFは、繊維芽細胞をはじめとして各種の細胞の増殖・分化に関わるシグナル因子で、現在23種が知られている。

そのうちの一つがFGF-7で、KGF(ケラチノサイト増殖因子)ともよばれる。

毛組織では、FGF-7は毛乳頭で産生され、毛包上皮系細胞にある受容体に作用する。

FGF-7には、組織培養系で毛包の退行期への移行を阻害して成長期を維持する作用と、その結果としての毛髪を伸長させる作用が知られている。

このようなミノキシジルの成長因子の産生増強作用は、どのような機作※に基づくのであろうか。


※adenosine
アデニンとリボースからなるヌクレオシドの一つ。
※機作
メカニズム

(次回へつづく)



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/394-ed97c7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。