<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も「ミノキシジルの発毛作用について」の著書の論文「毛髪再生とアンチエイジング」を必要に応じて注釈を交えながら記載しています。



(前回より続く)
Liらは、培養ヒト毛乳頭細胞においてミノキシジルがSUR2B※を通してadenosine※を細胞外へ遊離させること、このadenosineがオートクラインにアデノシンレセプターA1、A2に作用して、細胞内Ca増加とVEGF遊離をもたらすことを見出した。

先ほどのadenosineによるFGF-7の産生作用を報告したIinoらの実験は、ミノキシジルが毛乳頭細胞の細胞膜にあるSURを作動し、これによって細胞外へとATPが遊離し、細胞膜表面の5-nucleotidaseによって分解されてadenosineを生ずるということを背景にしていると思われる。

Adenosineは、そのA2b受容体を作動した結果、セカンドメッセンジャーのcAMPを経て、FGF-7※を産生させたとしている。

またミノキシジルには、動物実験ではあるが皮膚のHGF※の発現増強作用も知られている。

さらに毛組織ではないが、ヒトやラットの肝細胞を用いた試験管内試験でHGF産生を促進するといわれている。

さらに、IGF-1※に対して遺伝子発現の増強ではなく、効果増強作用を示す。

SUR2B※
受容体の一種
adenosine※
アデニンとリボースからなるヌクレオシドの一つ
オートクライン※
オートクリン、自己分泌、分泌されるホルモンが、自細胞に対して働きかけること
5-nucleotidase※
ヌクレオシドの一種=
FGF※
繊維芽細胞増殖因子
HGF※
成長因子
IGF※
成長因子の一つ、インシュリン様成長因子

(次回へつづく)



ミノキシジルタブレット は、現時点で、最強の育毛剤と言われています。

ミノキシジルの最安値は、こちらから!
======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/396-0734664a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。