<体験記>ハゲが治ってきたかも!

もうダマされない育毛剤の選び方、後悔しない自毛植毛の病院などをご紹介。ミノキシジルタブレットやデュタステリドも服用継続中。効果が出ています。たまにスーパーミリオンヘアも使ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、突然、フケが大量発生し、併せて頭が痒くて痒くて、たまりませんでした。

いやいや参りました。
何もしていないのに、髪の毛にフケが浮いているのが見え、少し頭を叩くと雪のように白いものがハラハラと落ちてくるのです。 恥ずかしくてしょうがなかったです。 頭皮頭髪に関係することなので、調べて下記に取りまとめました。ご覧ください。


フケは、漢字で書くと「頭垢」「雲脂」と表記され、頭の皮膚から発生する鱗状の白い老廃物です。

簡単に言うと頭皮から生じた垢です。

新陳代謝によって頭皮に存在する角質細胞が剥がれることにより発生します。

フケは新陳代謝により発生するため、それ自体が病気でないケースが多いですが、他人に不快感を与え、また同時にかゆみなどを伴うため本人も気になる場合が多く、適切な処置が必要です。


フケは大きく分類すると、「脂性フケ」と「乾性フケ」に分けられます。

この二つは対処に際して頭皮の手入れ方法が異なりますので、下記に整理をしました。


項目 脂性フケ 乾性フケ
原因
  • 皮膚は常に皮脂を分泌しています。様々な外的影響により、分泌が多くなった状態を脂漏(しろう)と呼びます。 脂漏の状態では皮脂の分泌が多くなることで角質層がはがれ落ち、それがフケとなるのです。

  • 皮脂は、真菌によって脂肪酸へと分解されますが、その過程において皮膚に炎症を起こすことがあります(「脂漏性皮膚炎」)。

  • この症状が起こる原因として「洗髪の不足」「睡眠不足」「食事バランス」「ホルモンバランス」「ストレス」などがあります。

  • 脂性が頭皮の脂が多いことが原因なのに対し、乾性フケは脂が少なく肌が乾燥することで頭皮がダメージを受けフケが生じます。

  • アトピーなどの症状を持つ人のフケもこちらに分類されます。

予防
  • 脂性フケ予防は、頭皮を清潔に保つことです。

  • 原因が、皮脂の分泌過多であるため、まずそれを取り除く洗髪が効果的で、毎日行うことが理想です。

  • 洗う際に用いるシャンプーは出来るだけ低刺激のものがよいのですが、過度の洗髪が頭脂を必要以上に奪うことにより、異常な分泌を促し、フケ症を悪化させることもありますので注意が必要です。

  • 乾性フケは肌の乾燥が原因なため、予防及び治療としては保湿が重要となります。

  • 脂性フケと大きく異なる点として、肌を清潔にしようとすればするほど、洗髪すればするほど悪化することが多いとされています。

  • 洗髪後は、髪の毛が乾かないうちにワセリン、つばき油などの刺激が少ない保湿剤を肌へ直に塗りこみます。

対策
治療
  • 脂漏性の治療は、予防同様、まず頭皮を清潔に保つこと大切です。

  • 低刺激性のシャンプーを用い、必ず良く洗い流し、すすぎ残しのないようにすることが非常に重要です。

  • また、生活習慣も大きく影響しますので、肉体的にも精神的にもストレスを溜めないことが重要です。

  • 睡眠時間の確保、疲労回復、食生活(高脂肪摂取を避ける)などを改善するだけでも大きな効果あります。

  • 外用薬としては、一般的には、副腎皮質ステロイド外用剤・ビタミンD3誘導体外用剤などが有効です。

  • 内服療法としては、ビタミンA誘導体や免疫抑制剤などが有効です。

  • 脂漏性と同様、生活習慣が影響しているため、肉体的にも精神的にもストレスを溜めないことが重要です。

  • もちろん、脂性フケ、乾性フケともに、改善が見られない場合は、早めに医療機関に行くことをお勧めします。

私の場合は、昨日の夜、良く洗髪して、良く洗い流した結果、フケは止まりました。

しかし、まだ少しかゆいです。

おそらく軽い炎症を起こしてしまているのでしょう。掻かずに我慢して落ち着くのを待ちます。

また何かあれば、ブログにUPします。



このフケは、ミノキシジルタブレット とかソーパルメットに副作用ではなさそうです。

======================================================================

トップページには、発毛・育毛【超】 大辞典 menu

育毛剤、育毛シャンプー、自毛植毛、スーパーミリオンヘアー・・・などなど、育毛に関する情報が【超】満載です。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkken1014.blog77.fc2.com/tb.php/501-b44f0f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。